鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 新着一覧

連載の紹介

昔に比べて価値観やキャリアが多様化し、「働き方」に悩む機会が増えてきました。医師でありながらこれまで1000件以上のキャリア相談を受けてきた鈴木裕介氏が、進むべき道を見失った「キャリア迷子」たちに送る「愛の処方箋」。様々なキャリア理論と実践に基づき、優しくレクチャーします。

著者プロフィール

鈴木裕介(ハイズ社)●すずき ゆうすけ氏。2008年高知大卒。一般内科診療やへき地医療に携わる傍ら、高知県庁内の地域医療支援機構にて広報や医師リクルート戦略、 医療者のメンタルヘルス支援などに従事。16年に国家資格キャリアコンサルティング技能士2級を取得。15年より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 薬剤師が医師に言ってはいけない言葉 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  2. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から
  3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  4. ナースがうっかりやってしまうこと 病院珍百景
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待
  6. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」
  7. 探してます。自然な理由を 病院珍百景
  8. 2年次の進級は1500人中110人という狭き門 世界薬局・薬学部探訪記
  9. 薬について医師と薬剤師のどちらを信用する? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  10. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
医師と医学研究者におすすめの英文校正