医学書ソムリエ 新着一覧

連載の紹介

良い医学書は良い海図のように、臨床の大海原の航海を確実に楽にしてくれるもの。しかし、数多く出版される医学書のどれを読んだらよいのでしょうか。本連載では、筆者の田中和豊氏が、忙しいあなたの代わりに様々な医学書に目を通し、「これは良い」と思ったものだけを紹介します。

著者プロフィール

田中和豊(福岡県済生会福岡総合病院 総合診療部主任部長・臨床教育部部長)●たなか かずとよ氏。慶應大理工学部を卒業後、医師を目指す。94年筑波大医学専門学群卒業。横須賀米海軍病院、聖路加国際病院、アルバートアインシュタイン医科大、ベス・イスラエル病院などを経て、2012年より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート
  2. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊
  3. 話題の総合診療専門医、初年度184人ってどう? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-6》
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス
  5. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと
  6. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会
  7. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導
  8. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」
  9. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像
  10. 一過性神経症状も適応 失神は撮像の必要なし 今さら聞けない画像診断のキホン
医師と医学研究者におすすめの英文校正