1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはここ 2018/06/20  今年、総合内科専門医試験を受験する先生方は、そろそろ試験勉強に本腰を入れ始めているころでしょうか。今回と次回は、試験の内容に少し踏み込んで、内科各分野における出題のポイントをお話ししていきます。 この連載でも何度か述べていますが、総合内科専門医試験の合否のカギを握るのは、up to date問題です。みなさん、自分の専門分野については当然、最新の知見がしっかり頭に入っていると思いますが、日常診療であまりかかわりのない分野については最新情報をキャッチアップするのは大変なものです。このため、本試験ではここをしっかり対策していたかどうかで、点数に差が出てくるわけです。 556569
  2. 日経メディクイズ●心電図 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 2018/06/22  1年前、午前0時頃に意識なく苦しそうに暴れて痙攣しているところを家族が見つけ、押さえ込むと痙攣は治まった。その後も夜間に同様のエピソードを4回認め、尿失禁を伴うこともあり、前医を受診した。 556594
  3. 第16回 食べられない高齢者にはこう介入する 高齢者向けの“食べるスイッチ”マジック(後編) 2018/06/22  フジイキョウコさんは89歳の認知症の方。在宅で夫が介護していたが、「食事を食べなくなってしまった」という主訴で精密検査目的の入院となり、内科の医師が担当になった。しかし、いくら調べてみてもこれといった身体の異常は見つからない。ただ、確かに食事はほとんど食べられず、看護師がスプーンで口に持っていってあげると数口は食べるが、その後は食べるのをやめてしまう。仕方がないので、点滴だけで1週間程度様子を見てみたが、改善の兆しがないどころか、食事量は減っていくばかりである。 556602
  4. 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワクチン情報サ… 2018/06/22  日本プライマリ・ケア連合学会のワクチンプロジェクトチームは、6月16日〜17日に三重県津市で開催された日本プライマリ・ケア連合学会学術大会で、乳児から高齢者まで全世代を対象としたワクチン・予防接種の総合情報サイトを開設し、ウェブ上で一般公開したことを明らかにした(こどもとおとなのワクチンサイト)。 556665
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 2018/06/22  日本腎臓病学会と日本糖尿病学会はこのたび、「かかりつけ医から専門医・専門医療機関への紹介基準」をホームページ上で公開した。 556575
  6. 【Vol.6】論文をグッと読みやすくする、図と表の使い方 その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 2018/06/22 さわやかな初夏の午後。論文の下書きを完成させたタロー先生は、部屋でコーヒーを飲みながら少しだけのんびりしています。ところがエリーさんはというと、せっかくのコーヒーにも手を伸ばさないまま、何か困っているようで――。 556478
  7. リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? 2018/06/21  高齢癌患者の治療はどうあるべきか。高齢を理由に治療対象外とすべきではないが、予備能力が低下し、余命も限られる高齢者に一概に標準治療を実施すべきともいえない。米国で誕生した高齢癌患者に対する診療ガイドラインを基に、高齢癌患者への対応法を紹介する。 556574
  8. 走り出した新専門医制度、基本領域の動向 Vol.9 病理、リハビリテーション科、臨床検査の研修プログラム初年度… 2018/06/22 4月にスタートした新専門医制度。今回は、病理、リハビリテーション科、臨床検査の動向を紹介する。2018年度の病理領域の専攻医採用数は114人。日本病理学会は2017年度から学会主導で専門医研修をプログラム制としていて、2017年度の1年次後期研修医は108人。採用数にほぼ変化はなかった。2018年度採用について、病理領域は5都府県(東京、神奈川、愛知、大阪、福岡)のシーリング(過去5年間の専攻医の採用実績平均を超えないという制限)の対象にはならなかった。採用数の制限はかからなかったが、5都府県に基幹施設を置く研修プログラムへの採用数は51人で、全体の45%に収まっている。 556517
  9. 膝の痛みに効く漢方(2) 慢性的な膝の痛みに効く漢方 2018/06/21  変形性膝関節症などで長引く膝の痛みには、どのような漢方処方が使われるのでしょうか。 556382
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 2018/06/21  6月18日、午前7時58分。僕らはちょうど、救急部の入院カンファレンスをしているところでした。下から突き上げるような振動があり、直後に横揺れがきました。と、同時にみんなの携帯電話から警報音が鳴り響きます。 556592
  11. 日経メディクイズ●腹部X線 39歳女性。胃痛、胸焼け 2015/10/19  2週間ほど前から胃痛と胸焼けがあり、内視鏡検査を希望し当院を受診。内視鏡検査は昨年も施行されていて、ヘリコバクターピロリ感染を伴う萎縮性胃炎と診断されていた。その後、除菌治療に成功。3週間前に月経痛のため婦人科を受診し、子宮筋腫と診断されている。腹部触診では平坦、軟。圧痛なし。 544249
  12. よりぬきメディクイズ●腹部X線◎2015年11月号掲載 39歳女性。胃痛、胸焼け 2018/06/22 『日経メディカル』2015年11月号に掲載された腹部X線のクイズです。患者は39歳の女性。2週間ほど前から胃痛と胸焼けがあり、内視鏡検査を希望して受診しました。1年前にヘリコバクターピロリ感染を伴う萎縮性胃炎と診断され、除菌治療を行っています。また、3週間前に月経痛のため婦人科を受診し、子宮筋腫と診断されています。 556590
  13. 幻のダイヤモンド聴診器 2018/06/22  みなさんは聴診器って何年に1回くらい買い替えているでしょうか。平均的には5〜10年くらい使えると思うので、医師人生で買い替えるのは多くて3〜4回くらいかもしれません。 556390
  14. 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 麻疹の1例目はブラリとやってくる 沖縄県のアウトブレイクに対峙した医師からのメッセージ 2018/06/06  麻疹はいつでも、どこにでも、何度でもやってくる。備えは常に、できることから取り組むべき――。これは、沖縄県の麻疹集団感染に立ち向かった医療現場からのメッセージだ。沖縄県立中部病院感染症内科副部長の椎木創一氏は、第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会(5月31日〜6月2日、岡山)の緊急企画シンポジウム「忘れかけていた麻疹の流行」に登壇。「あらゆるアウトブレイクで最も頼りになる備えは、施設内外とのチーム力だ」と訴えた。 556290
  15. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 2018/06/21  こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。今回の「切って縫うニュース」では「千葉大CT見落とし事件」を取り上げたいと思います。 まずちょっと近況を。わたくし12年目外科医の中山は臨床をいったんお休みし、京都大学の公衆衛生大学院で勉強中です。今月は自分の臨床研究のデザインを発表する会があり、準備に追われていました。私のテーマは、「若手外科医の手術の質は、熟練外科医と比べどうか」というもの。なんとなく「よしお前やってみろ!」と決めている執刀のチャンスを、もっと科学的に考えたいと思っているのです。言い換えると、「外科教育の標準化、一般化」をしたいのです。  556554
  16. 医療保険より100倍マシ! 学資保険の選び方 2018/06/22  以前のコラム「民間の医療保険? そんなの入る必要ありません」でも書きましたが、保険というのは「起こってしまうと経済的にダメージが大きいため、多少損をしても保険料を支払うのはやむを得ない」と割り切れる商品に入るのが基本です。高額療養費制度という素晴らしい制度のおかげで経済的ダメージは限定的であるにもかかわらず、わざわざ医療保険に入るなんて……。ある程度の貯蓄がある医師にとっては、無駄以外の何ものでもありません。 医療保険はともかく、学資保険については色々な意見があります。何てったって、元本保証をしてくれる可能性が高いからです。 556455
  17. ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 新しい外来診察室で働き方が変わる 2018/06/21  2017年秋、暮らしや社会をより良くするデザインに与えられるグッドデザイン賞を、ある「診察室」が受賞した。社会医療法人財団董仙会恵寿総合病院(石川県七尾市)が2014年に導入した「ユニバーサル外来」だ。外来診療形態を変革した大胆な取り組みが評価された。この診察室の導入は、現場の医師や看護師の働き方をどう変えたのか――。 556571
  18. Circulation誌から 中国の高血圧および前高血圧の有病率は高い 治療戦略を改善する必要性を示唆、大規模横断研究 2018/06/22  中国の成人を対象に高血圧や関連因子の現状に関するデータを得るための横断研究から、高血圧および前高血圧の有病率が高く、高血圧の認識、治療、管理の程度は低いことが明らかとなった。結果はCirculation誌5月29日号に掲載された。 556606
  19. 【新薬】エミシズマブ(ヘムライブラ) 血友病Aに週1回皮下注射の抗体医薬登場 2018/06/22  2018年5月22日、血友病A治療薬エミシズマブ(商品名ヘムライブラ皮下注30mg、同皮下注60mg、同皮下注90mg、同皮下注105mg、同皮下注150mg)が発売された。適応は「血液凝固第?因子に対するインヒビターを保有する先天性血液凝固第?因子欠乏患者における出血傾向の抑制」、用法用量は「1回3mg/kgを1週間間隔で4回皮下投与し、以降は1回1.5mg/kgを1週間間隔で皮下投与」となっている。 556591
  20. 日経メディクイズ●皮膚 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 2018/06/21  初診数日前から両眼瞼に掻痒があった。徐々に発赤、腫脹が強くなり、右眼瞼が開きにくくなったと受診した。受診時には両側上眼瞼に境界明瞭な鱗屑を伴う紅斑局面が見られた。特に、右上眼瞼の浮腫がより強く見られた。 556568

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:159
  4. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:52
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:127
  6. その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:37
  7. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:138
  8. 病理、リハビリテーション科、臨床検査の研修プログ… Cadetto Special●新専門医制度、各科の動向 FBシェア数:24
  9. 慢性的な膝の痛みに効く漢方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:19
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:169
医師と医学研究者におすすめの英文校正