「せっかく治療した患者を、なぜ病気の原因となった環境に戻すのか?」─。このような疑問から、筆者は病気の社会的原因を追求する公衆衛生の道に進んだ。本書は社会的不平等が健康に影響することを見いだした筆者の研究の集大成であり、格差縮小に向けた提言も盛り込む。

 筆者は最近まで世界医師会長を務め、健康格差是正のための活動を続けている。日本でも健康格差が深刻さを増しつつある現在、その原因と対策を知っておきたい。


■Amazonで購入
健康格差
健康格差
posted with amazlet at 18.01.09
マイケル・マーモット
日本評論社
売り上げランキング: 60,888

マイケル・マーモット著、栗林寛幸監訳 2900円+税 日本評論社
ISBN978-4535558809 A5判 306ページ