2013年からオバマ前大統領による医療保険制度改革が始まっても、アメリカの病院で医療を受けるということは、実質的に「患者が加入している健康保険が、受けられる医療サービスの内容を決める」ということに 、今も変わりはありません。入院についても、外来で治療できるような病状に落ち着けば、すぐ退院させられます。ほとんどの入院患者が、その退院スピードの速さに驚き、怒りを抱いています。多くの場合、入院したその日に退院日の話をされるため、患者も患者の家族も混乱するのです。そして、医療スタッフやソーシャルワーカーでさえも、個々の患者の持つ健康保険サービスの内容の複雑さに頭を悩ませます。

両足を切断したホームレス患者の退院後はの画像

ログインして全文を読む