今年3月14日、厚生労働省は「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」(関連記事)を発表しました。終末期医療の在り方については、1987年に初めて検討会が開催されて以来、何度も検討会が開催されており、今回のガイドラインは、2007年に策定された「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」の改訂版です。

 ガイドラインの改訂ポイントは、高齢多死社会の進展に伴い、いざという時に本人が自らの意思を伝えられない状態になる可能性を踏まえて、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)を行うことの重要性を強調したこと、そして、介護現場や在宅での看取りが増えることを想定して、ガイドラインの名称に医療だけでなく「ケア」が加わったことだと言えます。

「積極的な治療は控える」と決めていたものの…の画像

ログインして全文を読む