正月から、NHKの大河ドラマで「西郷どん」が始まった。熊本県にとって、鹿児島は隣県なのでドラマの中の会話も親しみ易い。

 と言いたいところだが、実は本当の薩摩弁を使われると、隣県でも全く分からない。薩摩藩は、スパイを見分けたりするために、薩摩藩にしか分からない方言を確立していたと言われる。「西郷どん」の時代考証については、いろいろ意見が出ているようだが、正確性を期すなら、九州人でさえ分からない方言を使って、全ての会話に字幕を付けることになるだろう。

 さて、私事で恐縮だが、2018年4月から熊本市医師会の代議員、熊本県医師会の代議員になった。いずれも、無候補の投票制なので、投票数の多い人が上から順に選ばれる仕組みだ。

 「ん、ちょっと待てよ……」と思われた方もいると思う。そう、ブログや本で書いてきたとおり、私は以前、代議員を辞退したことがある。同じ人ずっと医師会活動するのではなく、多くの人が参加すべきだと、2013年、10年間代議員を務めたのを期に、他の先生に代議員を譲ったのだ。それなのに、舌の根も乾かぬうちに返り咲いた私……。

ログインして全文を読む