皆さん、こんにちは。今回のテーマは「患者さんへの配慮」です。僕が小学生のときに母が胃癌で永眠しており、祖父母と過ごした時間が多く、いわゆる「おばあちゃん子」として育ちました。小さなときは祖父母と一緒にゲートボールをしたりして、地域のシルバーの方々に可愛がってもらったことを今もよく覚えています。そのためかもしれませんが、おばあちゃん世代の方々に親しみを感じます。特に、高齢者に対して、どうすれば「伝わり」が良くなるのかは大きな関心事で、いろいろと情報収集したりして、臨床でも活用しています。

難聴高齢者の外来診療に使えるお役立ちツールの画像

ログインして全文を読む