関東地方のベッドタウンにあるA内科クリニックは、看護師1人、看護助手2人、受付事務3人をスタッフとして雇用していた。診療所では人材採用難の傾向が顕著になっており、A内科クリニックでも本来であれば看護師は2人必要なのに採用できずにいた冬の繁忙期に向けて、半年前からハローワークやウェブ求人サイト、新聞折り込み広告などの媒体を使って募集をしたものの、全く応募のない状況のまま11月を迎えてしまった。スタッフも、フル稼働で来院患者の対応に当たってくれたが、連日の残業による疲労感が目に見えて増してきた。

看護師の退職は困る! 院長の焦りが招いた紛争の画像

ログインして全文を読む