最後に紹介するのは、病院の薬剤科の主導で始まった薬薬連携に、電話で服薬状況や副作用の発現の有無などを確認する「テレフォン服薬サポート」を組み合わせることで、薬薬連携の充実につなげているケースだ。

テレフォン服薬サポートで薬薬連携の充実を図るの画像

ログインして全文を読む