「薬局機能情報提供制度」──。現場の薬剤師には聞き慣れないかもしれないが、患者が薬局を適切に選べるようにするための制度だ。2017年秋、同制度の改正省令が公布され、薬局が報告すべき項目が大幅に増えた。それぞれの薬局の業務内容が“見える化”されることから、薬局の“格付け”が可能になる日も近い。(井田 恭子)

患者の薬局選びの基準が変わる可能性の画像

ログインして全文を読む