日経メディカルでは、この5月28日に『国際標準の診療ガイドライン』(原題:CURRENT Practice Guidelines in Primary Care 2018)という翻訳書を刊行する。「スクリーニング、予防、治療の推奨事項一覧」というサブタイトルが示す通り、様々な疾患について北米や欧州の主要な学会や政府機関のガイドラインが推奨している項目を集めたものだ。

 編集作業をしていて驚いたのが、第3章「疾病の管理」の中で、避妊にまつわる疾病管理の項目がやたらに長いことだ。エストロゲン・プロゲスチン併用経口避妊薬、プロゲスチン製剤単独、子宮内避妊具の使用など、様々な避妊法について、1)使用制限なし、2)利益の方がリスクより大きい、3)リスクの方が利益より大きい、4)容認できない健康上のリスクがある、の4段階評価を行っている。避妊法を使用する女性の病態に合わせて、貧血、糖尿病、高血圧、各種の癌、静脈血栓症、片頭痛、頭痛、てんかん、胆石、甲状腺疾患など数十種類の疾患について、スコア付けを行っているのだ。この項目だけで14ページも費やしており、本書の中でも冠動脈疾患の管理に匹敵するボリュームだ。

周術期の抗凝固療法、踏み込んでいるのは欧?米?どっち?の画像

ログインして全文を読む