50歳以下という若年齢時に心筋梗塞を発症した人の多くは、発症前にガイドラインを適用したとしても、スタチン投与が適格であると判定されないことが明らかになった。結果はJ Am Coll Cardiol誌1月23日号に掲載された。

50歳以下で心筋梗塞、半数はスタチン療法の適格基準に適合せずの画像

ログインして全文を読む