厚生労働省は2018年3月19日14時、第112回医師国家試験(2018年2月10〜11日実施)の合格発表を行った。

 今回の受験者数は1万10人(前回は9618人)で、合格者数は9024人(同8533人)。合格率は90.1%(同88.7%)と、9割以上の合格率となった。受験者のうち、新卒者は8924人で、合格率は93.3%(前回は91.8%)だった。合格者のうち、男性は5958人(合格率89.1%)、女性は3066人(合格率92.2%)で、合格者の34.0%が女性だった。

医師国試の合格率は90.1%、9024人の新医師が誕生の画像

ログインして全文を読む