糖尿病に合併した高血圧の降圧療法で、第一選択薬はRA系阻害薬か――。これは、日本高血圧学会が改訂作業を進めている高血圧治療ガイドライン(JSH2019)に盛り込まれるクリニカルクエスチョンの1つだ。この回答を得るためのシステマティックレビューを進めている札幌医大の大西浩文氏らが、第7回臨床高血圧フォーラム(5月19-20日、京都)の会長特別企画で、これまでの検討結果を報告した。

糖尿病合併高血圧の降圧療法、第一選択薬は?の画像

ログインして全文を読む