国立大学付属病院長会議は2018年7月9日、2017年度の国立大学付属病院の決算概要を発表した。それによると、全国45の国立大学付属病院(歯科系2病院、研究所付属病院1病院を含む)を合計した2017年度の病院収益は前年度比406億円増の1兆1040億円。運営費交付金は同12億円減の1216億円。一方で人件費や診療経費が同437億円膨らんだことから、経常利益は同18億円減の296億円となった。個別にみると45病院中6病院が赤字で、うち3病院は2年以上赤字が続いているという。

国立大学付属病院、17年度決算は6病院が赤字の画像

ログインして全文を読む