「2型糖尿病患者のHbA1c目標値は7〜8%でよく、6.5%未満になれば薬物治療を減弱すべき」――。米国内科学会(ACP)が発表した新しいガイダンスステートメント(以下、ACP2018)が、波紋を広げている。血糖コントロールの目標をHbA1c7.0%未満とする米国糖尿病学会(ADA)は、直ちに反対を表明。何がこの違いにつながったのか。

「HbA1c目標は7〜8%」は受け入れられるかの画像

ログインして全文を読む