中央社会保険医療協議会中医協)は2月7日の総会で、2018年度診療報酬改定案を了承し、加藤勝信厚生労働大臣に答申した。

 在宅医療では、患者の状態に応じたきめ細やかな評価が導入されたほか、主として在宅療養支援診療所在支診)を届け出ていない一般診療所に対する評価が拡充された。今後の在宅医療のニーズの増大を見据え、必要な医療が効果的・効率的に提供される体制の整備を図る。

 患者の状態に応じたきめ細やかな評価として、在宅時医学総合管理料在医総管)、施設入居時等医学総合管理料施医総管)の月2回以上訪問した場合の点数が100点引き下げられる。一方、月1回訪問の場合の点数は、在支診・在支病で20点、在支診・在支病以外の一般診療所・病院では50点引き上げられる。月1回の訪問診療で医学管理が可能な患者については月1回の診療を基本とし、より多くの患者を診てもらう狙いがあるとみられる。

【在宅】在医総管・施医総管の「月2回訪問」の点数を100点引き下げの画像

ログインして全文を読む