医師の働き方改革は、早ければ2024年から本格運用が始まることが決まっている。厚生労働省に検討会が設置され、議論が進んでいるが、この議論のあり方について、2017年11月、全国医学部長病院長会議の大学病院の医療に関する委員会の委員長を務める山本修一氏は厚生労働大臣へ要望書を提出した。千葉大学医学部附属病院長も務める山本氏に、医師の働き方改革の論点を聞いた。

大学病院の医師には専門業務型裁量労働制をの画像

ログインして全文を読む