「ゲフィチニブ(商品名イレッサ)は、癌患者の遺伝子異常を調べることの重要性を示した点で、癌治療に画期的な変化をもたらした」──。肺癌治療に長く携わってきた東北大学緩和医療学分野教授の井上彰氏は、こう振り返る。

ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療の画像

ログインして全文を読む