英AstraZeneca社と米MedImmune社は4月25日、3期のNSCLCを対象に実施された二重盲検多施設無作為化プラセボ対照国際フェーズ3試験PACIFICの予定されていた中間解析で、抗PD-L1抗体durvalumab投与群でプラセボ群よりもOSについて有意な延長が認められたと発表した。

抗PD-L1抗体durvalumaが3期のNSCLC患者の全生存期間を有意に延長、PACIFIC試験の結果の画像

ログインして全文を読む