前回は、血管炎の概念と種類について紹介しました。小型血管炎のうち、抗好中球細胞抗体(ANCA)が陽性になる頻度が高いものを、ANCA関連血管炎と呼ぶ。ANCA関連血管炎には、多発血管炎性肉芽腫症(GPA)、顕微鏡的多発血管炎(MPA)、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)の3疾患がある。今回は、どのようなときにANCA関連血管炎を疑いANCAを測定するかについて解説します。

ANCA関連血管炎を疑った場合の検査の選び方の画像

ログインして全文を読む