こんにちは、福島県の総合南東北病院外科の中山祐次郎です。大腸癌の腹腔鏡手術と拡大手術を得意としております。

 暦の上ではもう立春もとうに過ぎたというのに、福島ではまだまだ寒い日が続いております。そんな寒いある日、私の病院に県内の高校生9人が集ったのでした。今回はそのレポートをさせていただきます。高校生にも病院にも、そして地域にとっても良かったので、皆さんの病院でもやっていただいたら良いのではと思い、真似できるような形でシェアさせていただきますね。このノウハウをパッケージにしたらおそらく売れるでしょうが、今回は無料でのご提供です。私としては臨床研究にもなりそうだな、なんて思っております。ちょいと長い記事になります。

地元高校生をオペに入れるメリットとはの画像

ログインして全文を読む