日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、鼻噴霧用ステロイドのうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、37.1%の医師がフルチカゾンフランカルボン酸エステル(商品名アラミスト)と回答した。

 モメタゾンフランカルボン酸エステル(ナゾネックス)は36.0%と僅差の2位。第3位はフルチカゾンプロピオン酸エステル(フルナーゼ)で、20.3%の医師が、最も処方頻度の高い薬剤として選んだ。

アラミストとナゾネックスが熾烈な首位争いの画像

ログインして全文を読む