7年前、奈良県警に逮捕・勾留されていた男性医師A氏(当時54歳)が急死した「奈良の医師拷問死疑惑事件」は、2017年12月に大阪高裁で控訴審判決が下り、遺族側の訴えが棄却されました。この判決については、怒りを覚えた読者もいたかもしれませんが、民事訴訟の判決という点を考慮すると、民事訴訟の限界ともいえる事情があります。

奈良医師拷問死疑惑事件から見る「弁論主義」の画像

ログインして全文を読む