スポーツ貧血は、基本的には一般的な鉄欠乏性貧血と同様の考え方で診断するものの、診断基準となるヘモグロビン(Hb) 値などが一般人と少し異なるという認識が必要です。アスリートでは酸素の需要が多いため、一般人よりやや高めの基準にすべきと考えられますが、その基準値はどう判断すべきなのでしょうか。

アスリートの貧血、指針通りには診断できずの画像

ログインして全文を読む